スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を主人公に!

自分がすきじゃないから
自分でいることを満足に思っていないから
自分以外のひとに、人生をゆだねることになるのでしょう!

自分一人で生きていくことにもっと重点をおいて、生活していこうと少し思いました。
他人とのかかわりは自然についてくる程度に大切にし、そのかわり孤独という状態が「マイナス」になるのではなく「プラス」になるように「1人」でも人生を十分に満足できるように、なにか手がかりが見つかればよいなーと。

なにごともtooはよくないんだと思います。
1つのことに熱中しすぎると、周りに取り残されたり、それがなくなると自分がわからなくなったり、、

いままで、自分自身、他の人に頼って、依存してきた時間が多かった人生だと思います。


人間が「傷つく」理由は、「(度合が)~過ぎる」のが根本的な原因だと思います!!
ということで!
だからこそ!
自分を主人公に。 自分を愛そう!
とりゃ!
S__10690697.jpg
スポンサーサイト

22th birthday Jin!!^^

1/26で22歳になりました!!
いろんな人からお祝いしてもらいましたーー!
お母さんからstan smithの靴、まさとからkangolのdog earの帽子、ニコからはなんか、、、トレーナーなど!wあと、ヒマワリの種もいただきました!! へへ:)  うれしいですねーー!!

S__7077899.jpg



ありがとう!
GIVE & TAKEしなくちゃ!  待っててくださいね~~(゜_゜>)!!

さて、普段こんな真面目に文章は書かないのですけど、僕は年の豊富を誕生日に毎年決めているので、書きます!w   大先輩、後輩、同期の皆さま、建設的なコメントお待ちしてます(^_^;)

今年は『ACTIVEに(活発に)』というテーマを掲げたいと思います。昨年度は、『愉快に生きる』というテーマで、春公演(執行代)やバイトなどの多くの社会経験から「愉快さ」を保ちつつ生活することのむずかしさを感じた1年でした。やはり、「怒ったり」「規制したり」するよりも、「喜んだり」「工夫したり」して「愉快さ」を保ち続けてよい状態を作る方が僕は好きだということがこの1年でわかりました。
そんなこんなで、もう大学生も半分終わり、あと半分くらいの期間をどのように過ごしていくかです。中学、高校時代、浪人時代と比べると、自由であることで自分の好きなことをやる時間が増えました。中学、高校時代は部活動で池村先生、田中先生に毎日のように縛られ、「自由」なんてワードはなかったw(ひぇーー) ときどき、「走り」(いわゆるキツイトレーニング)の夢を見るのですが、ふと気づいたときすごく安心するのです。今の、『組織で1つに向かい、全力で突き進む力』をここで見つけた気がします。浪人時代は、もくもくと勉強をしていました。テーマは「孤独」でした。この1年間は親の愛を感じつつ、拠り所がなく、無所属の1人の人間として、受験という修業をしました。もう味わいたくはないですが、『個人で成果をあげて結果につなげる力』を築いていけたと思います。
大学時代は、ダンスサークルに入り、本気でストリートダンスというものに明け暮れてきました。大学前半は、ダンスサークルという組織での公演やイベントの運営などからダンス振付・創作までの分野に全力を注いできました。
新しい組織、そして新しい仲間との巡り合いもしてきて、ここからは僕個人の成長を自分で見てみたい。 そこで、『ACTIVE(活発に)』というテーマにしました! 全体的に振り返って、INPUTを1段階終えた感じがするんです。 だから、これから少しの期間、活動を通して、たくさんの人々に、ダンス、学問、バイトなどの多面での僕を「評価」してもらうOUTPUTの段階に入りたいということです。

S__7077898.jpg



~About Dance~
ダンスは手段です。 僕の生き方を素直に表現させてくれる手段。 その生き方というのは、日々変化します。 そのときによって、HipHopにのせた方が楽しかったり、Funkにのせた方が気持ちよかったり。 でも、共通しているのは、「個性豊かに」「自分らしさを一番に」です。  そんなダンスは大学1年生から始めたのですが、もう始めて3年。 ほりたくさん、かさたくさんという2人の先輩を見て憧れて軽い気持ちで始めたダンスですが、今では本気で頑張っています。 サークル外のバトルイベント(いわゆるスポーツで言う試合)は1、2年生のときから出ていたのですが評価されずだったものの、3年生になってから少しずつPICK UPされ始めてきました。 PICK UPの次は、やはり順位。 次は優勝を目指して、頑張りたいですね^^ で、そのバトルのダンスムーブを見て思うのは、僕は理論⇒実践ではなく、実践⇒理論型の人間ってことですね。 もう、下手くそなのに、いろんなことをやりたいのがバレバレムーブばかりでして笑。 それを見て反省して、少しずつ成長していくのです。 このように、ダンスは自分の成長のスタイルも教えてくれます。
 そして今年の目標は、「まさしとむさしとじんで、チームBlack Giraffesが結成したのでダンスコンテストで賞をとりたい」のと「バトルでタイトルとりたい」のと「チームMALT’S BROTHERSでタイトルとりたい」です!  がんばります!

~大学での研究~
僕は、小さいころから、「好きな人たちが集まる場所」が好きでした。研究は、「人が集まる温かい場所」の研究をしています。また、成果あったら、ご報告します。

~アルバイト(①Eggsn’ Things&②大手大学受験塾英語科講師)~
Eggsn’ Things湘南江の島店で働いて、もう2年と3か月。早いです。お客様との接客は、いまだに僕を成長させてくれています。ブームなパンケーキを求めにやってくるお客様にもいろいろな方々がいらっしゃって、お客様を見て自分もどういうお客様になりたいか日ごろ考えるようになりました。大人気の飲食店という場所で働けてうれしいです。あと1年くらい、パンケーキと元気を運び続けたいと思います。
もう1つ、大手塾で働いていて、今年は、大学受験をする高3、早慶上智大を目指す20人程度の英文読解のクラスを担当していました。先週、最終授業を終えて、今年度のいろいろな反省をしつつ、来年度も『人気講師←』として頑張っていきたいです。組織を知るきっかけにもなるこの職ですし、生徒のことを第1に考えて授業スタイル・プリントも試行錯誤していくこともあって、僕を成長させてくれています。

S__7077900.jpg


~まとめです~
今年は、「活発に」行動し、挑戦し、遊び、旅をし、自分が成長できる年にしたいと思います。 もちろん、人とのつながりを大切に。 GIVE & TAKEできる人間像は忘れずに!

人生、Connecting Dotsだと思っています。 今、目の前にあるものを全力で突き進めば、必ず次の扉が待っていることを信じて、22歳というPeace & Peaceな年を全力で楽しんでいきたいと思います!!!  どうぞ、今年もよろしくお願いします!!!

S__7077897.jpg




慶應義塾大学3年(来年も3年)
古谷 仁


「コトバで伝えるって難しい」の巻

最近、自分が伝えようと思って言ってることと相手のとらえ方が大きく違うときが、多々あるんです。

そう、僕の言葉不足なのかもしれないですが。w

2パターンあって

(1) 現実世界で、(大or少しの)緊張の中、言い出さなきゃいけないとき
(2) SNS上でのメッセージ

この2パターン。
(1)にも2つ種類があって、
①ただただ焦って、話してしまうとき
②相手が何を言っているのか深く考えすぎるor考えすぎてわかんないとき


うん。伝えるって難しい。
そして、相手のことを理解することもまた難しい。

とくに、本気で相手に伝えたいことを伝えるときが一番、伝わりにくいんだなーって思うんよね。
感情的なことを、感情的に言っては伝わらない。
感情的なことを、感情的に聞いては伝わらない。

単純に、感情的になって、相手を傷つけることもある。

もう、少し、発信している内容、気にしていきたいなーって思う。。

皆、幸せになればいいなー!。

「人間ってなんなんだろう」の巻

僕には、癌で亡くなった大事な後輩が一人います。
自分は、後輩も先輩も形的には「後輩」「先輩」ですが、人間的に本質的に1人の友人だと今でも思っています。とくに、尊敬するひとほど、僕は親しみを持つんですね。皆ひとりの人なんです。

そんな尊敬する彼。
思い出すことがあるんです。
彼は、やりたいことたくさんあったんですね。
高校時代の友人なんです。癌治療の経過を聞くとやはり相当辛いことなんだなと実感したこと覚えてます。
元気だった頃は、「じんさーーーーん!!!」って駆けつけてくれて、時が経つにつれて「じん!!」とか言うようになり、体育祭とかでも元気な顔で写真をとったこと、今でも覚えてる。
そんな彼は、僕が浪人中に、急に亡くなってしまいました。
一人で大泣きしました。
「さようなら」も言えずに、僕は一人の友人を亡くしたんです。
「さようなら」も言えずに。
顔もみることができず。



彼は、LINEのメッセージでこういうことを言っていました。
「人生こんなもん」


一人の友人として、一人の親しい友人として、
すごく、たくさん情けなくなったんです。
自分は彼にとって、どういう存在だったのか。

天国へ行くお別れのときに、何も伝えられない。
「人生こんなもん」聞きたくはなかった。

僕は彼が好きでした。
大好きでした。

人は、本当に、突然、いなくなってしまいます。
辛いことがあると、僕はいろんなことを思い出すんですが、今は彼のことを思い出しました。

いま、急にいなくなって、後悔する大切な人は、皆さんにいますか??
僕は、います。
いると思います。
いま、思いつく以上の人がいます。

1回きりの人生で、出会える「大切な」ひとなんて、本当に数えられるレベルだと思うんです。


お葬式でお別れは言えました。
天国にいる彼に、僕のいまの気持ちが伝わってくれたいいなって思います。


僕の「大切な一人」になってくれて、本当に、ありがとう。

「自我と自己理想のすれ違い」の巻

自分の理想としている像って皆さんにもあると思うんですね。
だけど、僕は、自我に押しつぶされて、へにょへにょな自己中心的カス太郎になってるんです。。

自分の理想は、会ったら元気を与えられて、人に好かれて、頼られる存在に(まぁ大まかにいいますと)なりたいなって思っているんです。
だけど、(一時・瞬間的に)いまの自分は、そういう自分じゃないんです。
自我を抑えることも、大人になる手段ではあるとは思うんですが、なかなか実践できない。

皆さんにもありますか?
究極な自我を止める方法はありますか?
ある人のためにも、自分をコントロールしたい。
と言いつつも強い自我が蔓延っていて、人生においていまは僕にとって、大変な時期なんでしょう。
プロフィール

Jin Furuya

Author:Jin Furuya
Albums, Remember Those??
Albums still matter.
Like books and black lives,
Albums still matter.

prince...


ツイッターパーツ
t

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)

フォロワー増えると人が増えます

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。